世代によってクレジットカードは分けて使うのがベストです!どうしてベストなのか秘密を見てみましょう!

年代別でおすすめなクレジットカードを比較!今持つとお得なクレカはど~れだ!

30代はどんなクレジットカードを持っている?誰に見せても恥ずかしくないカードとは

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -

仕事や生活が少しずつ安定してきて、気持ちに余裕が生まれてくる30代。

そんな30代に突入し、クレジットカードをもっとステータスの高いカードへ切り替えようと考え始める方もきっと多いのではないでしょうか?

男性であれば特に、年齢が上がるにつれてそれに見合ったクレジットカードを持ちたいと望む方も多いはずです。

今回はそのような30代の方に向けて、おすすめのクレジットカードをご紹介していきますね。

30代がクレジットカードを持つならどんなカードを選ぶべき?

ではまず、30代が持っておくべきクレジットカードの選び方からお伝えしていきます。

どんなクレジットカードを選べばいいのか悩まれてしまっている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

年齢に見合ったステータス性を持つカード

30代でクレジットカードを選ぶ時に重視しなければいけないのが、やはりクレジットカードのステータス性です。

年齢が上がれば上がるほど、ステータスが低いカードを所持していると、なんとなく恥ずかしい気持ちになってはしまいませんか?

しかしステータスの高いクレジットカードを持っていると、周囲に自慢できるだけでなく、自分の信頼性をより高めることができますよ。

このように、30代に突入したらクレジットカードのステータス性を意識して選んでみると良いでしょう。

ライフスタイルに合わせて使えるカード

30代になると、大切な相手を見つけて結婚したり、仕事ぶりが認められて昇進したりと、ライフスタイルが大きく変化する方も増えてくるのではないかと思います。

また、30代から仕事で海外へ出張する機会が多くなったという方も中にはいるかもしれませんね。

そこで大事なポイントになってくるのが、自分の持っているクレジットカードがライフスタイルにちゃんと合っているかどうかというところです。

海外に出張することが多い方であれば、空港ラウンジを利用できるカードや海外旅行傷害保険を付帯しているカードが活躍します。

さらに結婚して家族になった男女だと、家族カードを作りたいと考える場合も出てくるかもしれません。

30代ではそうしたライフスタイルに合う最適なクレジットカードを選ぶことも重要になってくるということですね。

付属しているサービスや特典に満足できるカード

仕事が順調に進み、昇給の願いが叶い始める30代はゴールドカードやプラチナカードなどを持ちたいと考え始める方も多いのではないでしょうか。

ランクの高いカードは一般カードよりも年会費が上がってしまいますが、その分充実したサービスや特典を受けることができますよ。

ホテルなどをはじめとするたくさんのサービスや特典が用意されているので、貴重な休日を満喫して過ごすことができます。

普段の疲れを癒すためにも、サービスや特典が豊富なクレジットカードを選ぶのも良い選択だと思いますよ。

コレを持っていれば恥ずかしくない!多くの30代が選んでいるクレジットカード3選

ここからは30代が持っている可能性大のクレジットカードを3つご紹介していきます。

どれもすごく人気のカードなので、後悔のない選択をすることができますよ。

自分にはどのようなクレジットカードが向いているか、候補を絞ってみてくださいね。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

年会費 12,000円(税抜)
ポイント還元率 0.4~1.0%
付帯保険 国内/海外旅行傷害保険

ショッピング保険

その他

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはステータス性の高さも文句なしで、30代からも人気の高いクレジットカードです。

世界的に有名なアメックスゴールドはどこであってもすぐに分かってもらうことができ、カードを所持していれば周囲からも驚かれることでしょう。

また、アメックスゴールドは一般カードにも関わらず、他のゴールドカードに劣らないサービスを受けられるところがメリットとしてあります。

アメックスゴールドを持っていれば、通常の空港ラウンジに加えて限定された人しか利用できないVIPな空港ラウンジを利用することができてしまいますよ。

そのため30代の方には一番におすすめしたいカードです。

三井住友VISAゴールドカード

年会費 初年度無料
10,000円(税抜)
ポイント還元率 0.5%~
付帯保険 国内/海外旅行傷害保険

ショッピング保険

日本国内では特に高い知名度を持つ三井住友VISAゴールドカードは、国内で利用すると大活躍します。

ビッグカメラや東急ハンズなどでカードを使うと、通常よりも多いポイントをゲットすることができますよ。

また、その他にもココイコを利用すればたくさんの加盟店でお得にポイントを貯めることができます。

さらに三井住友VISAゴールドカードは審査を通過することが難しい銀行系のカードとなっていて、どこへ持ち歩いても恥ずかしい思いをする心配がありません。

2年目以降から発生する年会費は条件を満たすだけで最大4,000円まで下げることができるため、なるべく年会費をかけずにゴールドカードを持ちたい方にもおすすめですよ。

JCBゴールドカード

年会費 初年度無料
2年目以降10,000円(税抜)
ポイント還元率 0.3~1.25%
付帯保険 国内/海外旅行傷害保険

国内/海外航空機延滞保険

ショッピング保険

JCBゴールドカードでは国内と海外両方の空港ラウンジを利用することができます。

ちなみに海外では、ハワイやホノルルなどといった場所の空港ラウンジの利用が可能ですよ。

また、海外旅行傷害保険が付帯されているJCBゴールドカードは、補償額が最高1億円となっています。

そのため旅行先で予期せぬトラブルが発生しても、安心して乗り越えることができますよ。

さらにカードの利用額が2年連続で100万円を超えると、自分からは申し込むことができない「JCBゴールド・ザ・プレミア」という特別なクレジットカードへ招待してもらえます。

このように、JCBゴールドカードは将来性があるカードなので、いずれはステータスの高いカードを持ちたいと望んでいる30代の方はぜひ申し込んでみてくださいね。

30代からクレジットカードを申し込む時の注意点

最後に、30代へ突入してからクレジットカードを申し込む時の注意点をいくつかお伝えしていきます。

審査を通りやすくするためにも、申し込む時には以下の点に気を付けましょう。

クレヒスがないと審査基準が厳しいクレジットカードの審査を通過しづらい

クレヒスとは、クレジットカードの利用履歴のことを言います。

そしてこのクレヒスがまったく無い状態だと、カードの審査が通りづらくなってしまうのです。

なぜならクレヒスが無ければ自分が信頼できる人物なのかどうかを相手に証明することが難しくなってしまうからです。

そのためクレヒスが無い状態でステータスの高いクレジットカードに申し込んでしまうと審査落ちしてしまう可能性があるので注意しましょう。

クレヒスを積んでいくために、年会費無料のカードやあまり審査基準が厳しくないカードから始めてみるのもおすすめですよ。

過去のクレヒスに問題があると審査が通りづらくなる

先ほどのクレヒスが無い状態とは逆に、過去にクレヒスがあった場合でも記録やデータになんらかの問題があれば審査を通過しづらくなってしまいます。

それはなぜかと言うと、クレヒスはカード会社が共有する信用情報機関で保管されていて、その記録やデータはすべてカード会社側に把握されてしまうからです。

以前の記録やデータから滞納や延滞を繰り返していたことが分かれば警戒されてしまいかねませんので、十分に注意する必要がありますよ。

もしも自信がない場合は6ヶ月以上が経過すると信用情報機関から自分の情報が削除されるので、その後から申し込んでみると良いでしょう。

クレジットカードを申し込む時には正確な情報を記入する

クレジットカードの審査を通過したいからといって、間違った情報を記入するのもNGです。

正しく書いたつもりでも記入ミスがあったり、それとは別に故意に記入したことが分かればカード会社側の信頼を大きく損ねてしまうので気を付けましょう。

正確な情報をしっかりと記入することで、審査に合格できる確率をアップさせることができますよ。

まとめ

30代が持つべきクレジットカードの特徴は分かっていただけましたか?

クレジットカードのステータス性が問われてくる30代は、カード選びがすごく難しいと思います。

そうした時は、今回ご紹介したようなカードを使用してみてくださいね。

30代にふさわしいクレジットカードを持ち、周囲からも一目置かれるような存在を目指していきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です